光陰矢のごとし(^^ゞ

2012/12/16
へへまた1月以上たっちゃった
軽く“拍手”をクリックしてもらえると励みにもなるんだけど
「父ちゃんだって他の人のブログで拍手してないでしょ」
って真実を語られると「それもそうだ」 納得
大体月一なんてざまじゃ訪問者も増えないよねえ 納得

さて今日はラッキーと朝一で投票、散歩を済ませ
昨日作陶したスープカップの乾燥を待つ間に更新を決意
先月末の窯焚きも報告してなかったので、それを(^^)/
 
IMGP1535_convert_20121216102035.jpg IMGP1539_convert_20121216102211.jpg
本焼き1回目の窯は還元炎で焼成
還元がかかっているかどうかは左画像のように炎が吹き出しているかどうか
で判断します この吹き出しを維持しつつ1240℃(右画像 まで上げました

12月1、2日に元職の教育会美術展がありまして
今回の窯からそこに出品した作品です
IMGP1569_convert_20121216102423.jpg IMGP1570_convert_20121216102514.jpg
IMGP1572_convert_20121216102614.jpg IMGP1573_convert_20121216102706.jpg
左上:彫ったのは「左馬」縁起文字で~す 右上:淡緑チタン釉
左下:実は今回窯一のお気に入り、都々逸象嵌の茶飲み揃い
  「土手の芝 人に踏まれて一度は枯れる 露の情けでよみがえる」
  「上を向いても限りがないと 下を見て咲く百合の花」
  どちらも良い文句でしょ(^。^)  右下:ヒワ灰釉酒器揃い
 
IMGP1585_convert_20121216103130.jpg
残念なんですが、窯を焚くと毎回これくらいはヒビなどで商品にならない作品
工房で使ったり、家で使ったり、友だちにあげたり
それでも残った作品・・・・捨てられないんですよねえ・・貧乏性(^^ゞ
  
さてさて、今回これくらいで(^^)

12月に入ってからは久々に花入れとか作陶しています
「うつわ屋」を自称しているので
「花入れ」ではなく「花のうつわ」と称しますが・・・(^^ゞ

ではでは、年末年始に焼く窯焚き報告はまたの機会で~
ご覧いただきありがとう。
日々の活動ぶり?はツイッター923工房で綴っていますので
そっちもよろしくね~(^^)/~~~


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR