焼物御用看板作成

2012/09/29
焼物御用ってたぶん文法間違ってると思うんだけど
鬼平犯科帳的雰囲気で、まあいいかと採用
創業年を入れて
IMGP1488_convert_20120929090335.jpg
これ最新作の看板で
工房室内入口のドア上に付けました
“工房の歴史を語る”看板になり得る お気に入り(^o^)


前作は大っきい置き看板
IMGP1486_convert_20120929090600.jpg

制作過程①
IMGP1472_convert_20120929090820.jpgIMGP1475_convert_20120929090959.jpg
木は縁起木イチョウ
削って周りには保護塗料キシラデコール
文字はカシュー
仕上げのニスはワシンの外部用ウレタン


制作過程②
IMGP1481_convert_20120929091142.jpgIMGP1483_convert_20120929091231.jpg
こちらはケヤキ
ケヤキは堅くて結構彫るのタイヘン
保護塗料なしで、文字カシューで外部ウレタンニス仕上げ
創業年は、一度完成した物に
改めて削る彫る塗る作業で追加しました


あれれ、何か重いな・・・
無料アップなので容量制限近づいたか・・・
いよいよ無料に頼っていられぬか・・・

さてさて以上、新作看板でした。

ともあれ本物見にいらしてくださいな(^_^)/
  

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

いつもありがとうございます。
木が923工房さんの手で素敵な看板に変身しましたね!
焼き物もすごく素敵です。
ブルーの器が個人的に大好きなので、深みのある青に見入ってしまいました。
また遊びにいらしてください。
プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR