2月窯2回目本焼きレポ

2012/02/16
一昨日14日、2回目の本焼きしました
まず窯詰め画像
2月窯2窯詰め
1回目に結構詰めたので2回目はややスカスカ
 
今回は還元1250℃
焼き上がりの画像
2月窯2 窯出し
あらまあ申し訳ない頭かしげて見て

さて還元とは窯の中を酸欠状態にして焼く方法
ホントにそうなってるかどうかは知りませんが
色見穴から吹き出す炎がその証拠になるようで
2月窯2 還元炎吹き出し
こうなるようにバーナーを調整して焼きます
ちなみに1250℃の世界はこんな感じ
2月窯2 1250℃
手前でぐたっっと倒れているのがゼーゲルコーン
これはNO.7、1230℃で焔倒するもの
完璧に倒れています 節約でNO.8は立てませんでした(^^ゞ
主に見えるのは支柱と棚板とゼーゲルですが
ゼーゲルの脇と奥に皿の影は見えますね
400年前から焼きもの師はこの窯の中の色で温度を判断してきましたが
私などは科学の力文明の力派 ゼーゲル、温度計愛用です(^^ゞ

さて作品紹介
今回釉薬と還元炎が必ずしもマッチしないものがあり、
両手をあげての作品紹介とはいかない作品もあるのですが・・
【2月窯2 作品:皿・五寸丼】
2月窯2 五寸丼・皿
例えば上段皿鉢の右端左端 紅黄瀬戸釉ですが
本来の透き通る紅色ではなく
還元に見られる渋さを帯びた色合いです
酸化より還元の方が渋い趣あり、ってところ

【2月窯2 作品:グラタン皿・飯椀】
2月窯2飯椀グラタン皿
ブルーのなまこ釉は酸化でこそフェルメールブルーぽい
でも還元でも良い色合い でもお店では人気イマイチ

さて、前回と今回、2月窯の中からどれをお店に出そうか
迷います
お店に出す、売り物にする その経験を積みながら
より良い作品作りになっていけるよう
精進精進



  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR