遅まきながら、プロフィール掲載

あはっ、やっとどう更新するのか理解し、プロフィール掲載しました。
写真は30年前焼きもの修業時代の作品。
最近は、置物系より器系
だから、小生のことは「うつわびと」と呼んで♡
おっとそれは、小野哲平さんだ。

食の器、花の器、明かりの器・・
いずれ「天の器」とでも称して骨壺も焼きたいなぁ

そもそも作陶は定年リタイヤ後を予定してたんだけど
窯購入のために「シンリュウ(株」の上嶋会長さんとお話しさせていただいていたら
もう昔の夢押さえきれずに再燃焼
また、最後の勤務校で、30年前の焼きもののお師匠様・石川民治先生の笑顔の写真や
碑に刻まれた書に触れたとたんに・・・

30年オレは努めた、残り人生の30年は30年前の夢をよみがえらせ、
追い求めてもいいだろう・・実に勝手なリタイヤ
でも自分的には実にハッピーリタイヤメント

夢があるから生活は楽しい
「夢を持てばきっと挫折も乗り越えられる」
これモーガン・フリーマンの“最高の人生の見つけかた”からの台詞
そうそう、私の座右の銘は「人の言葉に自分を育てるキーワードを見つける」です^.^

見てくださった方、ありがとう。 また来てね♡

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR