明けましておめでとうございます Ⅲ

2012年賀状

版画年賀はもう30年来 
お師匠様の文字を彫る版画の猿真似
お師匠様は切り出しをクソ握りでガシガシ彫っておられましたが
私は未だにカッコつけですから
慎重に慎重に損ない無く損ない無く
だからきれいすぎて味わいは欠けます

文字を1文字だけ鏡にするのが私流
「おいらが彫りました」証明

でも最近思うのです
味わいのある年賀状、少なくなったなあ って
昔、オヤジさんのところに来てた年賀状見て、
版画とか絵とか書とか篆刻とか
お気に入りの方に無理矢理差し上げて
返事もらって喜んでたことあります。
でも、良いのくれる方
「今年をもってやりとりを止めさせて・・・」
なんてのもあり、寂しい限り・・

でもほんと、パッパッとパソコンで出したもの
まだセンスがあるのは良いけど
おいおいってもの いらないよなあ
止めたい気持ち分かる

おっと、ネガティブは禁物

本年もどうぞよろしくお願いいたします



次はどう写真を好みのサイズにするかを勉強します


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR