会議の質で、職場の質が分かる

2011/09/03
あらら、9月ももう3日かよ、光陰矢のごとし

「会社を伸ばす会議、つぶす会議」という特集を読んでいて
「ああ、こんな会議やってるようじゃあ、この学校の子どもの未来は無いな」
と思ったことは数知れず、でしたねえ

大切なことは、「会議は終わりを意識する」ってコトです
これは、築地久子さんのいう「授業の終わりを意識できる」ってコトと同じ
だから、授業を持つ教員である限り、上手な会議が出来るってコトは
いかに質の高い授業が出来るかってコトと同じなのです

兎も角、クオリティの高い会議ってのは終わりの時刻が設定されているってこと
それをいかに参加者が意識できるかってこと
その時刻には、決めるべきことを、まがいなりにも決めることが出来るってこと
それを参加者が意識できれば、
もう少しで決まる、って時に、振り出しに戻すような発言は無くなるでしょうねえ

・終わりの時刻を設定する
・この会議で決めることは何か、をしっかり意識して発言する
この2つ、実行しなければ、学校の子どもたちの未来はありませんよ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR