テストは100点を目指させる

2011/07/05
テストってのを学校ではします
教師とすれば、それは評価テストであって、その時間の「授業意識」はないような
(もちろん授業時間としてのカウント(教育委員会への報告)はするのですが)

それってちょっとおかしいんじゃないか、そう感じます
初任さんには「テストも授業として成立させよう」ってことを言ってました

それには子どもに、テストでのめあてをもたせること
それ以外にありません。 
◇テストは必ず予告をする、適当に詳しく、
 子どもが予習というか復習ができるように
◇直前にはこう話します
 「いいかい、目指すのは100点だよ。みんななら必ず100点がとれる。
  みんな習った問題だ。よく読めば必ずわかる。思い出せる。
  必死に記憶の引き出しを探しなさい。頭の中のどこかの引き出しに必ず答えはある。
  絶対100点をとるんだと思いなさい。強く願えば、必ず叶う」

めあてというか、モチベーション、子どものやる気、挑戦意欲の引き出しということでしょうか
そこを与えてあげることができれば、子ども達は目を輝かせ、頑張ります。
これでもう授業と同じです。目指すことをもって真剣に取り組む、すなわち授業です。

でも、言うまでもありませんが全員100点なんて叶うことは滅多にありません。
(授業の漢字豆テストで全員が満点という経験を積ませることは必要かも知れません)
そこで、テスト返しの時にこう話します
「みんなよく頑張ったね。このテストで100点をとりたいっていう気持ちは
 丸付けをしていて良く伝わってきたよ。
 しかし、残念ながら全員100点ではなかった。
 でもね、本当に大切な事、一番大切なことってのは
 “同じ間違いは繰り返さない”ってことなのさ。」
 
この子ども達も残念ながら将来、数々の試験に直面する。
全力が出せるように、今のうちから鍛えておく。
あきらめムードのぼーっとした眼差しで試験に向かわせるのは
そりゃその子の将来、ひいては日本の将来にも関わるのです。

「ハイ、始め」「ハイ鉛筆を置いて!」なんて
学校の授業ではありません。



追記:折角の機会なので、私がテストに関して心がけていたことを
①テストは必ず予告する、予告してないテストは止める(信頼関係が崩れる)
②1日3枚以上のテストはしない(親の信頼を失う)
③「テスト3日」といって、3日以内に返す
 (これ以前私自身が子どもと約束していたもの、子どもからの提言がもと)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR