「いいかい、絶対転ぶなよ」 は魔法の言葉

私の指導の(それは対子どもにしても、対初任者にしても)
基本にあるのは「意識のもたせ方」

昔、体育の準備運動での段階から、走っていて転ぶなどのケガに悩まされていたとき
先輩から「いいか、絶対転ぶなよ」というのが魔法の言葉と教わり
確かに「絶対転ぶんじゃないよ」としっかり言うと
ウソのように「転ぶケガ」は無くなった、という事実。

これは、アーサーワードさんの“The great teacher inspires.”
に通ずるのだ、なんていい気になっていた罰か
今日、給食当番の大食缶をぶちまけてしまいました。
「いいかい、しっかり持って、絶対落とすなよ」
が、魔法の言葉と、ちょっと浮かれていたところもあったかも・・

周りにいた子や先生は、私が怒りもぶちまけるのでは
とすごく気を遣ったこと感じました。
でも、ご心配無用。
「だから言ったでしょ!!」という言葉は、大村はま先生の言葉通り
絶対禁句、言ったら教員辞める。と心に誓っていますので。

といっても、言ったから辞めたわけではありませんけど・・・




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR