遅ればせながら先日窯焚きの作品

2013/10/31(木)
作品紹介は後日、なんて言っときながら・・
①10/23窯焚き酸化焼成1235℃の
窯詰め点火から、焼き上がり翌日窯オープン
011_convert_20131031094000.jpg 002_convert_20131031094104.jpg

で作品全景
014_convert_20131031094138.jpg
今回はやや釉薬の剥がれ流れ多く、ちと残念でしたが、
B級品として販売することにしました



②10/25窯焚き還元焼成1245℃の
窯詰め点火から、焼き上がり窯オープン
007_convert_20131031094228.jpg 002_convert_20131031094314.jpg

で作品ALL
014_convert_20131031094432.jpg
今回は還元も強くかけた結果、辰砂が赤くなりすぎ・・^^;
「シンシア、そんなに赤くなって・・・」とつぶやきました・・
また、取っ手付きのもの、いくつか取れてしまったり
タタラ(板)作りのものが反ってしまったり

まあ窯の神様のご機嫌で、作品の雰囲気はガラッと違ったりします。
まっそこが焼きものの魅力でもあります

私の好きな言葉
「私の代表作は次の窯にある」
精進精進

次回の窯焚きは11月末にある元職の美術展出品のために
11月下旬に。
テーマは「正月のうつわ」
今、ちょっと大きめの作品作りに没頭です

  


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

923kobo

Author:923kobo
1957/3生 
群馬県邑楽町在住 
20代に作陶修行後、
栃木県教員生活を経て
再び作陶家を目指す

本邦初 焼きものの
移動販売始めました
毎月1日・17日
第1日曜・他
 地元邑楽町
 石打こぶ観音様境内

月~金曜:工房にて作陶
週末は
<青空個展>主催の
 東京都内のイベントや
高崎・藤岡辺りのイベント
または上記の
こぶ観音様出店

2月/8月には
洋画家の友人と
『二人展』を開催

コンセプト:
「うつわも楽しむ文化のため
 の楽しめるうつわの制作」

趣味:jazzを工房にかける
   on twitter「923工房」
   男の厨房
   愛犬ラブと朝散歩

「仕事が暮らし、
  暮らしが仕事(^^)」

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR